亀戸大根・春菊・わさび菜の育て方(2)白菜とかぶの種まきも。

野菜づくり

種まきから1週間

種まきから1週間が経ちました。
植えた在来種野菜は、亀井戸大根とわさび菜、春菊です。
その1週間後の様子がコチラ。双葉(フタバ)がなんともかわいいです。

  

左側がマルチ(黒いビニールシート)あり、左がマルチなし、です。
ひとつの円に、4つの種を蒔いているので、4本の双葉が出ています。

 

わさび菜と春菊です。こちらも小さな芽がびっしりと生えています。

たった1週間ですが、しっかり芽が出て成長していることが感じられました。

余談ですが、、
この時期キンモクセイの香りがしますよね。畑の近くに、実に見事なキンモクセイの木がありました。とても大きい木です。畑から歩いて数十メートルはあるのですが、こんなに大きいので香りも届いていたのだと思います。

 

新しい野菜

別の畝に新しい野菜の種を蒔きました。
白菜とかぶです。白菜はお鍋に入れたら、きっとオイシイんだろうなぁー。
手前が白菜、奥がかぶです。どちらも固定種(固有種)です。白菜は「松島純二号白菜」という日本の白菜の元祖という品種です。かぶは「早生今市蕪(わせいまいちかぶ)」という小ぶりで収穫が早い品種です。もちろん、無農薬・無化学肥料で育てるつもりです。

また、1週間後が楽しみです。

 

農業初心者にはシェア畑というレンタル畑がおすすめです。

菜園アドバイザーが教えてくれる【シェア畑】

 

最後までお読みいただきありがとうございました

 

コメント