無農薬・固定種野菜の育て方(5)間引き収穫・にんにく+いちご植え付け

野菜づくり

「にんにく」「いちご」植え付け

今日は、空いているスペースに「にんにく」と別の品種の「いちご」の植え付けを行います。

下の写真の一番手前の苗が植えた「にんにく」です。
次の奥の苗が今回植えた、「いちご」の苗です。

にんにくといちごの苗は近所のホームセンターで購入してきました。
ちなみに、にんにくといちごは固定種ではありません。固定種を探してみましたが、そもそもいちごは苗で増やすため固定種というものがなく、にんにくは固定種は存在しますが、種は流通していないようで苗を入手することもできませんでした。そのため、にんにくはF1種になります。いちごはそもそも固定種という種がなく宝交早生という品種と、ホームセンターで購入した交配種になります。

「いちご」と「にんにく」は虫が付きにくいため、防虫ネットは不要です。

 

間引きという収穫

亀井戸大根、松島純二号白菜、早生今市蕪(かぶ)の間引きをしました。間引きした苗はもちろん食べられます。なので、ある意味収穫だと思っています。

その収穫した野菜がこちらです。亀井戸大根の種まきから約4週間後、松島純二号白菜・早生今市蕪(かぶ)の種まきから約3週間後の収穫で、間引き収穫としては2回目です。
左から、松島純二号白菜・早生今市蕪(かぶ)・亀井戸大根です。

 

間引き(収穫)前の亀井戸大根の様子がコチラ

亀井戸大根は、1ヵ所に2苗ずつありますが、これを1苗に間引きました。

 

わさび菜と春菊の様子がコチラ。今日は間引きしません。

 

間引き(収穫)前の松島純二号白菜・早生今市蕪(かぶ)の様子がコチラ

白菜は、1ヵ所に最大7苗有りますが、2苗まで間引きしました。
かぶは、1cm~3cm間隔になるように間引きしました。
間引きのポイントは葉っぱと葉っぱが重ならないようにすることと、元気のない苗を抜いてしまうというやり方をします。

亀井戸大根、わさび菜と春菊、白菜とかぶ、そしていちごとにんにくは順調に育っています。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメント