オーガニックとは簡単に言うと何?どういうこと?

 

オーガニック食品、オーガニック化粧品、オーガニックシャンプー、オーガニックコットン、オーガニックノート、スーパーのオーガニックコーナー・・・
巷にあふれる「オーガニック」。
「オーガニック」とは簡単に言うと一体何なのでしょうか?
この記事では、「オーガニック」について簡単に言うと何なのか、解説しています。

 

■オーガニック=有機栽培

「オーガニック(organic)」とは、有機栽培、有機農業によって生産された農作物、食品、製品を指し示す言葉です。

 

■では、有機栽培、有機農業 とは?

有機栽培、有機農業は国が定める「有機農業推進法」という法律があり、法律において定義されています。

有機農業を「化学的に合成された肥料及び農薬を使用しないこと並びに遺伝子組換え技術を利用しないことを基本として、農業生産に由来する環境への負荷をできる限り低減した農業生産の方法を用いて行われる農業をいう。」と定義されています。

簡単に言うと、

  1. 人工的な化学肥料や化学農薬を使わない。
  2. 遺伝子組換え技術(DNA組み換え技術)を使わない。
  3. 自然環境にできる限りやさしく農作物を栽培する。

の3つが揃った農業です。

 

■有機栽培、有機農業の何がいいのか?

では、有機栽培、有機農業は我々にとって何がいいのでしょうか。

化学農薬や化学肥料などに含まれる化学物質に関しては、一定数の危険という意見があります。もちろん、化学農薬は国の定める基準を守っていれば、人間の健康に影響はないとされています。化学肥料で育った野菜も基本的には安全な野菜とされています。しかし、一方で、野菜農家でありながら自分達が食べる野菜は農薬を使わず育てる農家さんがいたり、化学農薬を使わず育てた野菜を食べ出したところ悩まされていたアトピーが改善したり、花粉症が治ったり・・・そうした化学物質を本能的に遠ざけたり、化学物質を断ち切ることで体調が良くなったという話はいくつもあります。

 

化学物質に対する過敏性、適用度は人それぞれであり、仮に化学物質が人体に有害だったとして、引き起こされる症状も人それぞれです。化学物質は摂取する一定量を超えなければ害はないという考え方が普通ですが、一定量の幅が人それぞれなのです。

そこで、直感的に化学物質に対して過敏な反応がありそうだという場合、「オーガニック」では安心して食べることができるのです。これは食の安全を崩す事件が絶えない昨今、私たちにとって食べ物に対する安心感、安堵感に大きく貢献てくれるのです。

 

■年齢別に簡単に説明すると?

幼稚園児、小学生、中学生、高校生以上を対象に「オーガニック」を説明すると、どんな風に説明したよいのでしょう?「オーガニック」を説明すると、化学物質や遺伝子(DNA)、などの聞き慣れない言葉が出てきます。でも、幼稚園児や小学生には難しい言葉なので、それらの言葉を使わずに、でもなるべく元の意味を変えずに説明するとしたらどうなるか考えてみました。

 

幼稚園児向け

「オーガニック」とは、人が安心して食べられるような野菜の育て方で、虫さんや鳥さん達となるべく一緒に暮らせるように考えられた野菜作りのことです。

 

小学生向け

「オーガニック」とは、野菜を食べてしまう昆虫や鳥などを化学薬品で遠ざけるのではなく、防虫ネットを使うなど手間暇かけて野菜を育てる農業のことです。
野菜が実をつける性質を人工的な方法で書き換えた種は使わない農業です。さらに、自然環境にやさしい昆虫や鳥も喜ぶ農業です。

 

中学生向け

「オーガニック」とは、

1.人工的な化学肥料や化学農薬を使わない。
2.遺伝子組換え技術(DNA組み換え技術)を使わない。
3.自然環境にできる限りやさしく農作物を栽培する。

の3つが揃った農業のことで、その農業により栽培した野菜や果物などの農産物のことも含みます。

 

高校生以上向け

「オーガニック」とは有機農業のことで、有機農業は「化学的に合成された肥料及び農薬を使用しないこと並びに遺伝子組換え技術を利用しないことを基本として、農業生産に由来する環境への負荷をできる限り低減した農業生産の方法を用いて行われる農業をいう。」と国が定める「有機農業推進法」において定義がなされています。

 

■オーガニック野菜を自分で育てる

実は、化学農薬、化学肥料、遺伝子組み換え技術を使わない農業は、小規模・個人向けの家庭菜園向きの農業でもあります。参考までに、農薬・化学肥料を使わない家庭での野菜の育て方をコチラの記事で解説しています。

農薬と化学肥料を使わない亀井戸大根の育て方
農薬と化学肥料を一切使わない場合の亀井戸大根の育て方(実際にやったやり方)を紹介します。ちなみに亀井戸大根は江戸野菜と呼ばれる昔から育てられている品種(固定種、在来種)です。

 

 

■まとめ

  • 「オーガニック」とは「有機栽培」「有機農業」を意味する言葉です。
  • 「有機栽培」「有機農業」は簡単に言うと、人工的な化学肥料や化学農薬を使わない等の3つの条件が揃った栽培方法(農業)の事でした。
  • さらに、もっともっと簡単に言うと、人が安心して食べられるような野菜の育て方で、虫さんや鳥さん達となるべく一緒に暮らせるように考えられた野菜作りのことでした。

 

コメント