軽井沢プリンスホテルスキー場レビュー・リフト券割引情報

軽井沢プリンスホテルスキー場スキー

軽井沢プリンスホテルスキー場」に、スキー・スノーボードで出かけてみようとお考えでしょうか?

この記事では、軽井沢プリンスホテルスキー場にスキーまたはスノーボードに出掛けてみようと考えている方に参考になるように、ガイドブックには書かれていない特長や魅力、デメリット、そのほか実際に行ってみて、気付いたことをレビュー解説しています。

さらに、軽井沢プリンスホテルスキー場のリフト券をお得に、割引き価格で入手できる方法も紹介しています。

軽井沢プリンスホテルスキー場のゲレンデ情報

軽井沢プリンスホテルスキー場のゲレンデ基本情報です。

  • 正式名:軽井沢プリンスホテルスキー場
  • 住所:〒389-0102 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢
  • 電話:0267-42-5588
  • 運営:西武・プリンスホテルズワールドワイド
  • 開業年:1973年(昭和48年)
  • 標高:1,155 m ~ 940 m
  • リフト数:9本
  • コース数:16コース
  • ゲート:フリーゲートシステム
  • 駐車場:平日無料、土日祝日・年末年始¥1000円
  • 公式サイト:軽井沢プリンスホテルスキー場 (princehotels.co.jp)
軽井沢プリンスホテルスキー場 山頂の樹木

軽井沢プリンスホテルスキー場の特長

軽井沢のリゾート感あふれるスキー場

軽井沢プリンスホテルスキー場の雰囲気は、軽井沢プリンスホテルが敷地内に建設されていて、少し高級なリゾート感があります。

駐車場やリフト券売り場、レストランのスタッフさん達は、他のスキー場の対応よりも丁寧な対応をしていただけることが多い印象です。それだけ、スタッフ教育も徹底されているのだと思います。

山頂では青空の下で、軽井沢ビールを飲めるお店があるなど、優雅な感じもしました。

軽井沢プリンスホテルスキー場 軽井沢ビール

浅間山を眺める大パノラマ

軽井沢プリンスホテルスキー場の上部からは、浅間山(標高 2,568m)がよく見えます。

浅間山は、長野新幹線の「あさま」の名前に使われるなど、長野のシンボル的な山です。

浅間山は、冬季は山頂に雪が積もって美しい雄大な山の姿になります。

軽井沢プリンスホテルスキー場 浅間山の眺望

軽井沢プリンスホテルスキー場のある山は矢ヶ崎山で、リフト1本で、矢ヶ崎山の山頂 1,155mまでいくことができます。

矢ヶ崎山の頂上からは、浅間山や、山梨方面の山々を見ることができます。

軽井沢プリンスホテルスキー場 景色

首都圏からアクセスしやすい

軽井沢プリンスホテルスキー場は、片道で東京から車で約2時間20分と、アクセスしやすい距離にあります。

車の他に、北陸新幹線を使うこともできるアクセスに便利なスキー場です。北陸新幹線だと、片道で約1時間~1時間20分程度です。

軽井沢プリンスホテルスキー場は、車でも電車でもアクセスしやすいスキー場です。

晴天率が高い

軽井沢プリンスホテルスキー場は晴天率が高いことでも知られているスキー場です。

このエリアにあるスキー場はどこも晴天率がいい傾向にあります。

僕が軽井沢プリンスホテルスキー場に行った日は、天気予想が曇り予報だったのですが、それでも行ってみると晴れになりました。

なので、晴天でスキー、スノーボードを楽しみたい方におすすめのスキー場です。

充実している周辺施設

軽井沢は夏季の避暑地としても有名ですが、さまざまな娯楽施設があります。

軽井沢プリンス ショッピングプラザ(アウトレット)、ハルニレテラス、各地の温泉、おしゃれなレストラン などなど…

スキー、スノーボードだけでなく、アフタースキーで別の何かを楽しみたい場合や、ショッピングや食事も行くところの選択肢が多い方が好き、という場合におすすめのスキー場です。

軽井沢 星野温泉 トンボの湯

日帰り温泉では、星野リゾートが運営する、星野温泉 トンボの湯がおすすめです。利用料金は少々お高い(大人1,350円)のですが、とてもきれいでゆったりできる温泉施設です。

トンボの湯は軽井沢プリンスホテルスキー場から車で約15分ほどの距離にあります。

20才は平日無料!

2002年 4月 2日から、2003年 4月 1日までの間に生まれた現在ハタチの人は、平日のリフト料金が無料になるサービスがあります。

利用方法は、SEIBU PRINCE CLUB のアプリをスマホに入れてクーポン券を取得し、スキー場窓口にクーポン券と、年齢のわかる身分証明書(学生証や免許証)を提示するという方法です。

お得なリフト券の入手方法

アソビューのプランを使う

アウトドアアクティビティの予約サイトである「アソビュー」に軽井沢プリンスホテルスキー場の割引きリフト券クーポンがあります。

アソビューのリフト券クーポンを使用すると、平日に行く場合は通常料金よりも40%も安くなります。

土日祝日になると追加金として+¥2,000円を現地で支払う必要があるのですが、それでも通常価格よりも安くて約26%割引きの金額になります。

軽井沢プリンスホテルスキー場リフト券クーポン

リフト券が最大40%もお得に!
 ・リフト1日券×2枚のクーポンです
 ・1日2名利用も、1名×2日の利用も可能
 ・年末年始、土日祝日は追加金があります
 ・平日で通常¥15,000円が⇒¥9,000円に
 ・支払いはクレジット、ペイディ、PayPay です

SEIBU PRINCE CLUB

SEIBU PRINCE CLUB のアプリをスマホに入れて、リフト券を購入するときにデジタル会員証を提示すると、通常価格よりも¥1,000円オフ、さらに支払い100円につき 1ポイント がたまります。

ためたポイントは 1ポイント=1円 で、リフト券購入の割引きとして使うことができます。リフト券購入以外でも西武・プリンス系列のホテル、乗り物、ショッピングなどで使うことができます。

アプリの利用は無料です。

新幹線で行くのはありか?

軽井沢プリンスホテルスキー場には、北陸新幹線で行く場合、片道で約1時間~1時間20分程度です。行きも帰りも道路渋滞はないところが、最大のメリットです。

ただし、新幹線を利用する場合は、手荷物を自分で運ばなければいけないデメリットが生じます。

北陸新幹線(長野新幹線)の「軽井沢駅」から、軽井沢プリンスホテルスキー場までは、歩いて11分の距離にあります。

なので、歩こうと思えば歩ける距離にあります。

重たい荷物を持って歩くのが難しい場合は、タクシーを使う方法があります。

軽井沢プリンスホテルスキー場 軽井沢駅 徒歩

新幹線を利用する場合で宿泊もする場合は、スキー場から宿泊先のホテル・旅館までの移動をどうするか考えておく必要があります。

ホテル・旅館によってはピックアップに来てくれるサービスがある場合もあります。

ピックアップサービスがない場合は、タクシーを使うのが楽な方法だと思います。

少しお高くなりますが、軽井沢プリンスホテルに宿泊すれば、敷地内にホテルがありますから、移動については考えなくてよくなります。

軽井沢プリンスホテルスキー場のデメリット

リフト券、レンタル代、食事代がやや高め

軽井沢プリンスホテルスキー場は高級リゾート感がある反面、リフト券料金、レンタル料金、スクール、スキー場内での食事代がやや高めな傾向があります。

リフト券料金は格安チケットがあまり出ていないので、コチラで紹介した SEIBU PRINCE CLUB のポイントをためて次回に使うのがおすすめな方法です。

レンタル料金を安くしたい場合は、少し面倒ではありますが、スキー場周辺にある別のレンタルショップを活用する方が格段お得にレンタルできます。

車で行く場合は、「スキーハウス軽井沢プリンス通り2号店」がおすすめです。

ゲレンデ内の食事については、コチラを参考に食べてみてください。

個人的なおすすめは、そば蔵『丁子庵』と、トラットリア プリモ スキー場店 です。

店名主なメニュー料金帯食べログGoogle
そば蔵『丁子庵』そば・丼\1,000~3.173.6
レストラン アゼリア洋食・カレー・ラーメン\1,200~3.223.3
うさぎ山 キッチンハウスカレー・丼・うどん\850~--
トラットリア プリモ スキー場店パスタ\1,000~3.173.3
スノー バル ヴィゴーレホットドッグ\500~3.00-

ロングクルージングできない

軽井沢プリンスホテルスキー場のロングコースでの最長滑走距離は、約1,500mです。

それほど、長いわけではないので、ロングクルージングしたい場合や、一度に長い距離を滑るのが好きな場合はあまり適さないスキー場かもしれません。

首都圏から帰りの関越道が渋滞する

軽井沢プリンスホテルスキー場の最寄りのICは、碓氷軽井沢ICで、上信越道になります。軽井沢プリンスホテルスキー場から、首都圏方面に帰る場合、途中の藤岡ジャンクションで、関越道に合流します。

上信越道も関越道も首都圏から行けるスキー場が多くあるので、帰りの時間帯はよく混雑してしまうのです。

渋滞を避けるためには、帰りの時間帯をずらすことですが、関越道の渋滞は深夜にまで及ぶこともあるので、おすすめは早め早めの帰宅です。

どうしても渋滞はイヤという場合は、新幹線を利用してみるという方法もあります。

軽井沢プリンスホテルスキー場周辺のホテル・旅館を調べる

軽井沢プリンスホテルスキー場に行くなら、宿泊してみはいかがですか。

軽井沢は素敵な場所で、スキーはもちろん、温泉やショッピングなどの楽しみもあり、長期滞在にはもってこいの場所です。

探してみると、意外にお安いお宿もたくさんあります。

楽天トラベルの割引きクーポンを見てみる
軽井沢のホテル・旅館をさがす場合は下のボタンから
・軽井沢にはホテル・旅館・コテージ・ゲストハウスなど
 さまざまなタイプの宿があります。
・比較検討には旅行サイトで調べてみるのがおすすめです。
・じゃらん、楽天トラベル、JTB、Yahoo!トラベルから選べます。

まとめ

軽井沢プリンスホテルスキー場レビュー
  • 軽井沢プリンスホテルスキー場は、高級なリゾート感が漂う、首都圏から車でも新幹線でもアクセスしやすいスキー場です。
  • 軽井沢プリンスホテルスキー場は、浅間山の雄大な景観や晴天率が高いことも特長です。
  • デメリットは、リフト券料金などの料金面がやや高めであること、ロングクルージングには不向きであること、帰りの関越道の渋滞、が挙げられます。

スキー
スポンサーリンク
おすすめ記事はコチラ
\シェアをお願いします/
\インスタにきれいな風景を載せてます!/
Praise Nature