【キャンプ用】壊れにくい頑丈なタープテントのおすすめは?

タープテント 頑丈 壊れにくい おすすめ アウトドアグッズ

この記事はプロモーションを含みます

屋外イベントやキャンプやバーベキューで屋根の代わりとなり、気軽に設置できるのがタープテントです。

しかし、屋外での強風や、運搬中の振動で壊れやすい要素があることも事実です。

では、どのようなタープテントが壊れにくい構造で、頑丈なタープテントなのでしょうか。

この記事は頑丈で壊れにくいタープテントの条件とおすすめ製品を解説しています。

◆タープテントの壊れやすさ

タープテントの形は様々ありますが、価格面から種類分けすると、テントを支える支柱が簡易で価格を抑えた製品(~概ね1万円程度)と、テント中央部に支柱を設けるなどして強度を高めた対策によって価格が高くなった製品(3万程度~10万円台まで)に種類分けできます。

この記事では、主に前者である「テントを支える支柱が簡易で価格を抑えた製品(~概ね1万円程度)」の中で、より頑丈で壊れにくいテントを見分けるための条件を解説しています。

タープテントは主に、キャンプ・レジャー目的で使うものと、屋外イベントや露店などの業務用目的の2種類があります。

この記事で紹介しているタープテントは前者の「キャンプ・レジャー」目的で使うものです。

タープテントは屋外で使うため、風・雨の影響を直接受けるだけではなく、紫外線による劣化や、運搬中・組み立て中の接触など壊れる条件が多彩です。

なので、壊れにくいテントの条件はそれらの壊れる原因をなるべく低減した製品が相対的に壊れにくいテントだと言えます。

そうは言ってもタープテントは構造的に壊れやすいもの。台風のような暴風や、冬季の積雪の重みに耐えるような強度までは想定していませんので、使うときには注意は必要です。

次に、壊れにくく破損に強いタープテントを選ぶ条件について解説します。

◆フレームの接合点が強化されているか?

タープテントは運搬時、組み立て作業のとき、突風の影響、フレームへの接触など壊れることにつながるいろいろな要素があります。

そのため、フレームのゆがみを正したり、そもそもゆがみにくくするための工夫が必要です。

そうしなければ、使っていくなかで簡単に壊れてしまうのです。

なので、フレーム構造の強化は各社ごとに工夫があります。

例えば、ニューテックジャパンの「カンタンタープ」の場合は「KTブラケット構造」といって、フレームが接合する部分を特殊なブラケットで強化しています。

モダンデコの「カスタムタープ」の場合は、オプションにはなるものの補強用フレームといって、テントの角のフレーム同士をつなぐ新たなフレームを追加して強度を上げるというやり方です。

基本的には強度を上げるだけであればフレームを増やしていけば、その分タープテント自体の強度は上がります。

しかし、テントの構造物としての総重量も上がってしまうため、一概にフレームを増やすのは得策とは言えません。

「カンタンタープ」の場合は、グラつきの原因となりやすいフレーム同士の接合点をより強化する、という考え方で、重量増加にはならずにフレーム全体の強度をアップさせる良いやり方だと思います。

タープテントはフレームを強化するための工夫が必要です。

◆支柱の材質がスチールであるか?

タープテントの骨格に当たる部分の材質は、主にスチール(鉄)とアルミニウムの2種類があります。

スチールは硬くて丈夫で、アルミニウムはスチールに比べると軟らかい性質があります。

アルミの方がスチールよりも軽い材質なので、アルミのテント方が持ち運ぶときの労力は少なくなりますが、破損に対する強さという点ではスチールに軍配が上がります。

タープテントは材質がスチール製の方が、アルミ製よりも強度があり丈夫です。

◆UVカット加工、耐水加工

タープテントは常に屋外使うものなので、テント屋根部分は強い日差しによる紫外線での劣化や、突然の雨によって濡れることでも徐々に劣化していきます。

そのため、テントにUVカット加工+耐水加工が標準で施されているものがより傷みにくく、壊れにくいテントだと言えます。

タープテントはUVカット加工、耐水加工が施されている方が傷みにくい。

◆頑丈で壊れにくいタープテントのおすすめは?

タープテントは様々なメーカーが製造・販売していますが、価格がリーズナブルで頑丈で壊れにくい製品として、これまでに述べてきた条件を満たす製品をおすすめします。

①カンタンタープシリーズ

テントを支えるフレームの可変部分に独自の補強パーツを追加することで、より壊れにくいテントに仕上がっています。

国産のタープテントで、壊れにくさと組み立てやすさを両立した部品には特許技術が使われています。

もし、

「日本製の製品で、信頼できるメーカーのモノがいい!」

と考えているのであれば一番おすすめしたいのが「カンタンタープ」シリーズです。

さらにテントのサイズ設定が細かく豊富で、好みのサイズが見つけやすいシリーズです。


カンタンタープ クラシックグリーン 2.0mサイズ
カンタンタープ(KANTAN TARP)
¥10,789(2024/06/24 05:10時点)
サイズ 組立時 : (約)幅2.0m×奥行き2.0m 高さ2.05m / 2.2m[2段階調整] 軒下:147/162cm 収納時 : (約)幅16cmx奥行き16cmx高さ114.5cm

カンタン タープ 2.7mサイズ
カンタンタープ(KANTAN TARP)
¥12,800(2024/06/24 21:38時点)
サイズ 組立時 : 幅2.7m×奥行き1.8m 高さ2.25m / 2.4m[2段階調整] 軒下:155/170cm 収納時 : 幅18cmx奥行き16cmx高さ130.5cm

カンタンタープ 2.7mサイズ
ニューテックジャパン楽天市場店
¥ 14,960(2024/06/08 19:08時点)

カンタンタープ300 クラシックグリーン 3.0mサイズ
カンタンタープ(KANTAN TARP)
サイズ 組立時 : (約)幅3.0m×奥行き3.0m 高さ2.35m / 2.5m[2段階調整] 軒下:153/168cm 収納時 : (約)幅19cmx奥行き19cmx高さ127.5cm

②モダンデコ(AND・DECO)のタープテント

モダンデコのタープテントはオプションとはなりますが補強フレームがあり、スチール製で、壊れにくい条件は満たしています。

テントを固定する「ペグ」と呼ばれる固定具と、ペグを地面に打ち込む「ハンマー」を付属するかどうかを選べることも特徴のひとつです。

「ペグ」や「ハンマー」などが既にあって購入が不要な場合には、楽天市場のショップに行けば、テント本体のみを購入することができます。

モダンデコのタープテントは人気が出てきています。

ただ、人気の理由はカスタムパーツが豊富でアレンジしやすいことなど、「壊れにくさ」とはまた別の側面のようです。


モダンデコ タープテント 2.5mサイズ
モダンデコ
¥11,999(2024/06/24 21:38時点)
【サイズ】展開時…約 幅250×奥行き250×高さ約236~256cm 収納時…約 幅121×奥行き17×高さ21cm

モダンデコ タープテント 3..mサイズ
モダンデコ
¥12,999(2024/06/24 05:10時点)
【サイズ】展開時…約 幅300×奥行き300×高さ約240~260cm 収納時…約 幅121×奥行き17×高さ21cm

◆まとめ

【タープ】壊れにくい頑丈なタープテントのおすすめは?
  • 壊れにくくて頑丈なタープテント選びに迷ったら、おすすめは国産メーカーの「カンタンタープ」シリーズです。

アウトドアグッズ
スポンサーリンク
おすすめ記事はコチラ
登山 旅行 割引クーポン ポイント還元 特典 お得
\ときどきSNSもやっております/
\インスタにきれいな風景を載せてます!/