奥利根スノーパークの口コミ,リフト券,宿泊できる?

奥利根スノーパーク 口コミ レビュー スキー

この記事はプロモーションを含みます

奥利根スノーパークは群馬県のみなかみ町にあるスキー場です。

標高がさほど高くない割に、人工降雪機が多数導入されていて安定した雪量があります。

スキー場最上部に行けば、谷川岳、朝日岳などを眺める景観も見応え十分です。

リフト数は多くはないものの、コース設計が工夫されており、初心者から上級者まで楽しめる多彩な斜度のコースバリエーションがあります。

アルペン用のポールバーン、フリースタイル系のパークアイテム、モーグル用のコブコースなどもあります。

標高が低いので、途中の道路の勾配が少なく、道路に積雪があることも少ないので、峠道の運転が苦手な場合でも運転が楽というメリットもあります。

この記事では、奥利根スノーパークを実際に滑ってみた感想や口コミ、お得なリフト券の入手方法、宿泊に関する情報をまとめています。

奥利根スノーパークのゲレンデ情報

奥利根スノーパークのゲレンデ基本情報です。

  • 正式名:奥利根スノーパーク
  • 住所:〒379-1724 群馬県利根郡みなかみ町向山
  • 電話:0278-72-8101
  • 運営:株式会社鈴木商会
  • 開業年:1972年(昭和47年)
  • 標高:1,180 m ~ 550 m
  • リフト数:7本
  • コース数:10コース
  • ゲート:ICカードタイプ
  • 駐車場:全日無料
  • 公式サイト:奥利根スノーパーク

標高が低い割に、人工降雪機で安定した雪量

奥利根スノーパークの標高は、山麓部が550m、スキー場のトップが1,180mであり、割と低めなスキー場です。

標高が低いと、積雪量が不安定になりやすいところを、人工降雪機(スノーマシン)でカバーしています。

人工降雪機は、主に第3リフト沿いの向山ゲレンデに数多く設置されています。

なので、向山ゲレンデはシーズンを通して最も積雪量が安定し、長く滑れるコースとなっています。

ただ、向山ゲレンデよりも下部にある万治平ゲレンデ、林道連絡路などには人工降雪機が設置されていないため、シーズン始めや、シーズン終盤では、最初にスキーを履かずに第1リフトA線に乗って、上部のゲレンデに移動することもあります。

その際は、地面の雪が少ないので、スキーやスノーボードを履かずにリフトに乗ることになるケースがあります。

谷川岳、朝日岳などを眺める景観

奥利根スノーパークの最上部は、天気がよければ遠くに谷川岳(1,977m)、朝日岳(1,945m)などを一望することができます。

奥利根スノーパーク okuton 朝日岳

奥利根スノーパーク okutone 最上部

奥利根スノーパーク okutone ブナの木コース

奥利根スノーパーク okutone 下津川山 至仏山 笠ヶ岳

初心者から上級者まで楽しめる多彩な斜度のコース

ポールバーン、パークアイテム、コブコース がある

うねりを持つゲレンデ、滑るたびに違う表情をみせ、飽きにくいコース。

奥利根スノーパークには、第3リフト沿いにポールバーンがあります。

ポールバーンを滑るには、料金を支払いゼッケンを借りて着用する必要があります。

ただ、空いているときは、お試しとして開放されている場合もあります。

奥利根スノーパーク okutone ポールバーン

向山ゲレンデには、バンクやジャンプ台などのパークアイテムが設置されています。

奥利根スノーパーク okutone

このほかに、非圧雪エリアを滑ることができる「くまおとしコース」や、第3リスト降り場付近に新規に設けられた急斜面・非圧雪コース「新・深雪エリア」、第2リスト沿いのコブコース、緩斜面ながら狭いコースでのターン技術を要求される「林道連絡路」・・・など多彩なコースがあります。

途中の道路に雪、勾配が少なく、運転が楽。

奥利根スノーパークは標高が低いので、行くまでの途中の道路の勾配が軽く、さらに道路に積雪がないことが多いので運転が楽というメリットもあります。

ゲートハウスが充実

奥利根スノーパークの山麓部の駐車場前には、ゲートハウスが設置されています。

ゲートハウスは、チケット売り場、レンタルショップ、レストラン、売店などが一体化された施設です。

内装もきれいで、設備も充実しています。

奥利根スノーパーク ゲートハウス okutone

奥利根スノーパーク okutone ゲートハウス

奥利根スノーパークのお得なリフト券

奥利根スノーパークのリフト券をお得に入手する方法は、現地購入ではなく、アソビューのプランを利用することです。

アソビューのプランでは、リフト券1日券とランチ代¥1,200円分がセットになったパック券が、割引き価格で入手できます。

通常購入とアソビューのプランの価格を比較すると、下記の表のとおりになります。

下記の表ではランチ代を仮で¥1,200円で計算していますが、ランチ代を¥600円としても、結局アソビューのプランの価格の方が総額でお得になります。

購入方法 1日券 ランチ代 合計 割引き 価格
通常購入 ¥5,500 ¥1,200 ¥6,700 0 ¥6,700
アソビュー ¥5,500 ¥1,200 ¥6,700 ¥-1,200 ¥5,500

なので、奥利根スノーパークに1日滞在してスキー・スノーボードをする予定の場合は、アソビューのプランがおすすめです。

さらに、奥利根スノーパークでは、こども(小学6年生以下)のリフト券が「無料となっています。

小学6年生以下の場合はチケット売り場で「無料」のこどもリフト券をもらうことができます。

奥利根スノーパーク

リフト券が最大18%もお得に!
 ・大人1日券通常¥5,500円が⇒¥4,500円に!
 ・パック券通常¥6,700円相当が¥5,500円に!
 ・支払いはクレジット、ペイディ、PayPay です

奥利根スノーパークの宿泊

奥利根スノーパークのスキー場施設内には宿泊できるホテルや民宿はありません。

なので、奥利根スノーパークに泊まりでスキーやスノーボードする場合は、近隣の宿泊施設を探すことになります。

奥利根スノーパークの近隣にはホテルよりもアットホームな雰囲気の民宿が多いです。

楽天トラベルの割引きクーポンを見てみる
奥利根スノーパーク近隣の民宿・旅館をさがす場合は下のボタンから
・奥利根スノーパーク近隣の宿泊が検索できます。
・楽天ユーザーは楽天トラベルがお得。
・SB,YモバユーザーはYahoo!トラベルがお得。
・じゃらん,JTBは旅行会社独自のお得なプラン。

まとめ

奥利根スノーパークの口コミ,リフト券,宿泊できる?
  • 奥利根スノーパークの1日券+ランチ代をお得に入手するには、アソビューのプランがおすすめです!

奥利根スノーパーク

リフト券が最大18%もお得に!
 ・大人1日券通常¥5,500円が⇒¥4,500円に!
 ・パック券通常¥6,700円相当が¥5,500円に!
 ・支払いはクレジット、ペイディ、PayPay です

スキー
スポンサーリンク
おすすめ記事はコチラ
登山 旅行 割引クーポン ポイント還元 特典 お得
\ときどきSNSもやっております/
\インスタにきれいな風景を載せてます!/
Praise Nature