登山リュック(バックパック)のブランドやメーカーは何がある?

登山用品ショップに行くとまず目に留まるのが、ずらりと並んだリュックサック(バックパック)ではないでしょうか。

登山用のリュックサックを製造しているブランドやメーカーは実にたくさんあります。

そこで、この記事では、登山用のリュックサック(バックパック)を製造しているメーカーやブランドの中からおススメの11ブランド(メーカー)を紹介しています。

リュック選びのポイント

  • 登山用のリュックサックにはモデル名に「数字+L」が入っている場合が多いです。Lはリットルでリュックサックの容量(嵩)を示す値です。容量別の山行スタイルは以下の通りです。
20L~28L防寒着が不要な夏季の低山登山、日帰り登山向け。
30L~35Lオールシーズンの日帰り登山向け。山小屋利用で1泊までいけるサイズ。
38L~45L山小屋1~2泊、装備の多い冬場の登山、道具が軽量な前提でのテント泊登山
50L~60Lテント泊1~2泊登山、防寒着が必要な厳冬期登山
  • 登山用リュックサックには女性向けモデルがある場合があります。女性モデルは、男性に比べ小柄な体格なケースの多い女性にフィットするように独自に設計されたモデルです。

mont-bell(モンベル)

mont-bell(モンベル)は世界に誇る日本の総合アウトドアメーカーです。機能・性能に優れるにも関わらずリーズナブルなところが嬉しい。
登山リュック(バックパック)のラインナップはめちゃくちゃ豊富です。機能、デザイン、サイズのバリエーションが多数あるため、

ピレネーパック 25L

【モンベル】ピレネーパック 25
日帰り登山はもちろん山小屋での一泊山行などにも適した女性用パックです。背中に収まるスリムなシルエットや、体のラインに沿うショルダーハーネスなど、女性の体格に合わせた独自の設計を行っています。バックパネルに搭載した新開発のクイック アジャストシステムにより、簡単な操作で素早いフィッティングが可能。さらに、体の動きに追従す...

ディナリ パック 25L

【モンベル】ディナリ パック 25
荷物の出し入れがスムーズに行えるトップアクセスジッパー式のデイパックです。トップポケットやサイドポケットなど多彩な収納を備え、パックカバーが付属していながらも軽量なので、日帰りのトレッキング、ハイキングに最適です。通気性に優れたバックパネルが背中の蒸れを防ぎます。

フレンチガイドパック25L

【モンベル】フレンチガイドパック25
本体には耐摩耗性に優れる生地を使用し、ストラップやボトムにはナチュラルな風合いの天然皮革を採用。荷物の取り出しを容易にするサイドアクセスジッパーを設けるなど、使い勝手のよさにもこだわっています。また、背面はパッド入りで荷物が背中に当たる不快感を解消しています。

バーサライト パック 30L

【モンベル】バーサライト パック 30
ロングトレイルやスピードハイクでの使用に最適な超軽量パックです。快適な背負い心地や機能性を確保しながら、大幅な軽量化を実現しました。表地には超軽量と強度を両立した独自の素材を使用。豊富なポケットを装備しています。※パックカバーは付属しません。

バランスライト 30L

【モンベル】バランスライト 30
軽量性と強度を両立した生地を使用し、切り換えを最小限にしたシンプルなパターンを採用することで、高い防滴性と軽量化を実現しています。取り外し可能な背面パッドを内蔵。2つ折りになっており、簡易マットとして使用可能です。ウエストベルトを使用しない時は、収納することができます。※パックカバーは付属しません。

ストライダーパック 30L

【モンベル】ストライダーパック 30
バックパネルにフレームを内蔵し、内容量に関らず安定した背負い心地を実現したパックです。2方向からアクセスできるサイドポケットや衣服などを固定できるバンジーコードなど、多彩な機能を備えています。保水しにくいバックパネルと、高い通気性を持つショルダーハーネスが不快な蒸れを解消します。

THE NORTH FACE(ノースフェイス)

THE NORTH FACEは、1964年(昭和39年)にアメリカ、サンフランシスコで創業した、総合アウトドアメーカーです。

創業当初は通信販売と小売業として、ロッククライミング用品やキャンプ用品を販売していました。創業から2年後の1966年(昭和41年)に、一番最初のTHE NORTH FACEのショップがサンフランシスコのノースビーチにオープンしました。

当時は、バックパックとスキー用品を扱う比較的小さなショップでした。その後、テントや寝袋、登山ウェアなども製造し、規模も知名度も拡大していきます。

THE NORTH FACEは2000年(平成12年)にアメリカのVFコーポレーションに買収されています。VFコーポレーションは、ジーンズのLeeやスニーカーのVansを抱えている総合アパレルメーカーです。

現在では、ウェア類をはじめとして、バックパック、タウンユースのスニーカーなどアパレルアイテムも製造しています。「THE NORTH FACE 保証制度」という独自の製品保証の制度があることも特長のひとつです。

エフピー  25L
THE NORTH FACE(ザノースフェイス)
タテ55cmxヨコ29cmxマチ16cm
テルス 30L 女性モデル
THE NORTH FACE(ザノースフェイス)
カメラを収納可能な日帰りのトレッキングに最適なパック
テルスフォト 40L
THE NORTH FACE(ザノースフェイス)
カメラを収納可能な日帰りのトレッキングに最適なパック
テルス 45L
THE NORTH FACE(ザノースフェイス)
¥25,300(2021/08/01 01:26時点)
【capacity】Lサイズ:48L
テルス 45L ツイルベージュ色
THE NORTH FACE(ザノースフェイス)
¥25,300(2021/08/01 01:26時点)
【capacity】Lサイズ:48L

Millet(ミレー)

Millet(ミレー)の歴史は随分と古く、1921年(大正10年)に創業とされています。創業当初は、キャンバス生地のトートバッグの製造を行っていたようです。

その後、1945年(昭和20年)から登山用品の開発にシフトし、登山用バックパックの開発を開始しました。ナイロン素材を使用したバックパックやGore-Tex被膜を使用した高機能ダウンの製造など新しい素材や技術を導入し、最先端の製品を生み出していました。

その後、1995年(平成7年)ラフマ(フランスの総合アウトドアスポーツメーカー)の傘下に入りますが、ミレーブランドとして今に至っています。

ミレーは創業当初からバッグ専門のメーカーであり、洗練されたデザインのバックパックは今も尚、人気を博しています。

サース フェー 30L+5L
MILLET(ミレー)
オールラウンドに活躍する定番トレッキングバックパック
サース フェー 40L+5L
MILLET(ミレー)
オールラウンドに活躍する定番トレッキングバックパック

deuter(ドイター)

ドイターはドイツのアウクスブルクで、1898年(明治31年)に創業したリュックサック(バックパック)専門のメーカーです。

特長は、世界初の背面にメッシュパネルを張ることでリュック本体と背中の間に空間を設け、通気性を高めたリュックサックを製造したメーカーです。この発想は、今では他のメーカーでも採用されています。

エアコンタクト ライト 32L+5L
deuter(ドイター)
¥19,800(2021/08/01 19:57時点)
タテ:72 cmX ヨコ:28 cmX マチ:22 cm

MAMMUT(マムート)

MAMMUT(マムート)は1862年(明治5年)にスイスで創業した登山用品メーカーです。

セオン シャトル 22L
MAMMUT(マムート)
¥17,600(2021/08/01 05:42時点)
タテ:48 cmX ヨコ:33 cmX マチ:17 cm
セオン シャトル 22L オリーブ色
MAMMUT(マムート)
¥17,600(2021/08/02 17:32時点)
タテ48cmxヨコ27cmxマチ12cm

OSPREY(オスプレー)

OSPREY(オスプレー)は1974年(昭和49年)に創業した、アメリカのバックパック専門メーカーです。背負い心地とフィッティングを追求した独特な製品に人気があります。

カイト 36L
OSPREY(オスプレー)
容 量:XS/S=34リットル、S/M=36リットル  ・寸 法:縦70×横33×奥30cm(S/M)

Karrimor(カリマー)

Karrimor(カリマー)は1946年(昭和21年)にイギリスのランカシャーで創業したリュックサック(バックパック)やウェア類を製造するメーカーです。

創業当初は、サイクルバッグを専門に製造していましたが、頑丈で使いやすいバッグが登山者に受け、登山用のリュック製造に切り替わっていきました。

ちなみに、カリマー(Karrimor)の由来は、英語の“Carry more”(もっと運べる)をもじったと言われています。

デイパック  tatra20 20L
Karrimor(カリマー)
¥11,220(2021/08/02 20:48時点)
タテ46cmxヨコ29cmxマチ21cm

Gregory(グレゴリー)

Gregory(グレゴリー)は、1977年(昭和52年)にアメリカで創業したリュックサック(バックパック)専門のメーカーです。

ナノ20 20L
GREGORY(グレゴリー)
¥12,100(2021/08/01 01:26時点)
タテ51cmxヨコ26cmxマチ12cm

Black Diamond(ブラックダイヤモンド)

Black Diamond(ブラックダイヤモンド)は1989年(平成元年)にアメリカ、カリフォルニアで創業した、登山用品メーカーです。あのパタゴニアとも関係が深いメーカーです。

ストリートクリーク20 20L
BlackDiamond(ブラックダイヤモンド)
素 材:1260デニールバリスティックナイロン

Haglöfs(ホグロフス)

Haglöfs(ホグロフス)は1914年(大正3年)にスウェーデンで創業したアウトドア用品メーカーです。主にリュックサック(バックパック)やウェア類を製造しているメーカーです。

タイト マルング ミディアム 20L
HAGLOFS(ホグロフス)
¥9,800(2021/08/01 01:26時点)
メイン収納/ ファスナーポケットx1/ オープンポケット×1/ 外部収納/ ファスナーポケットx1/
ヴィーデ ミディアム 20L
HAGLOFS(ホグロフス)
¥7,800(2021/08/03 11:57時点)
メイン収納/ 収納なし/ 背面収納/ PCスリーブ×1/ 外部収納/ ファスナーポケットx1

Columbia(コロンビア)

Columbia(コロンビア)は、1938年(昭和13年)にオレゴン州ポートランドで開業した帽子問屋が創業とされています。当時はコロンビアハットカンパニーの社名でした。

その後、スキーグローブ製造会社と合併し、1960年にコロンビアスポーツウェア社が誕生したという経緯です。Columbia(コロンビア)は主にウェア類が人気のあるメーカーです。

バークマウンテン ブルー 30L
Columbia(コロンビア)
¥11,900(2021/07/06 22:02時点)
Columbia Burke Mountain Blue 30L Backpack PU8382

まとめ

  • 登山リュックサック(バックパック)を製造しているメーカー、ブランドはたくさんあります。
  • その中で、登山リュックを専門的に開発、製造しているメーカー(ブランド)と、登山用品を全般的に製造している総合アウトドアメーカー(ブランド)に種類分けできます。
  • 登山リュックサックはモデル名に「数字+L」で容量がわかるようになっている場合が多い。
  • 小柄な体格の女性向けに特別に設計された女性向けモデルも存在します。

コメント